持病を持っている人が自動車免許効力を停止される時

自動車は利用できるのか

運転手

免許の取得で問題になる病気

自動車があると、毎日の生活がより便利になりますし運転ができると仕事の面でも役に立つことは多いものです。とはいえ、やはり自動車を動かすことは正常な判断能力が必要ですので、場合によっては走行できない場合もあります。うつ病は気分の落ち込みや気力の低下が長く続く症状ですが、こうした病気の際には自動車が利用できるかどうかは気になるところです。まず、免許の取得の際には、問題になる病気もありますので、どのような病気が対象になっているのかを知っておきましょう。まず、薬物やアルコール依存がある人、生活に支障が出ている認知症の場合、免許取得はできないとされています。さらに免許の取得で問題になる病気としては統合失調症や躁うつ病、てんかんや再発性の失神などもあげられます。このほかでは無自覚の低血糖症や重度の眠気の症状がある睡眠障害も運転に必要な認知や予測、判断に影響が出る可能性があることもあり、問題になる病気としてあげられています。そして、これらの病気があれば、絶対に運転はできないのかも気になるところです。

自動車に乗れないと困ることもありますが、うつ病の症状が強く出ているときは、判断を誤る可能性もありますのでハンドルは握らないほうが無難です。車が使えない間は家族に運転してもらう、公共の交通機関を使うなどで対策を行いたいところです。とはいえ、生活や仕事で車がないと不便という人も少なくありません。躁うつ病は、免許取得の際に問題になる疾患のひとつですが、治療でコントロールができていれば免許の取得はできるとされています。それゆえ、運転を再開させるためには病状をコントロールできることが大事です。まずは治療に専念していきたいところです。病気があっても、運転に支障が出る状態でなければ特に制限はありません。逆に免許取得の際に問題になる病気に含まれていない疾患でも、運転に支障が出る場合、自動車の利用は控えておきたいところです。治療中で、病気の症状や飲んでいる薬の影響で運転に影響が出ると判断された場合は、免許の取得・更新時には申告を行う、医師の診断書の提出が必要になることもあります。虚偽の申告をすると罰則が課せられる場合もありますので、申請は正しく行うようにしましょう。