持病を持っている人が自動車免許効力を停止される時

症状によって違いがある

保険証

まずは早期に受診

余暇を過ごすときや遊びではとても元気なのに、仕事になると元気がなくなる症状は実はうつ病が潜んでいる可能性があります。なんだかそんなことは誰にでもあって当たり前と感じていることでも、現代医療でも大きな問題となっているうつ病を疑ってかかることです。また自分が精神的な疾患にかからないと過信している人ほどいつの間にかかかっていることもあり、本人はおろか家族すらわからないこともあるので軽視できません。初めてうつ病にかかってしまった人では、軽い症状であれば自動車の運転も大丈夫だろうと感じている人もいますが、実は気をつけないといけないです。政令では「そううつ病」になっている人が運転をする場合にはその程度によることが言われていることから、心療内科で診断を受けないといけないといえます。そううつ病は脳神経が関係していることから、ストレスは発端となっているだけなので、薬で治療をすることが優先されます。そのために心のケアだけでは治療にならないので、日常生活で利用している自動車運転などの注意点も考えられています。

このようにそううつ病になっていることで薬物療法をしている人のなかには、治療を優先することでしっかりと完治をして日常生活を取り戻している人もいます。しかし治療に関して消極的になっている人では、薬物治療をすると自動車の運転が制限されると勘違いしている人もいますが、それで心療内科などを受診しないのは危険です。また薬物療法をしなくてはいけないということから、眠くなる作用がでてくるので運転ができないのではないかと感じる人もいますが、これも間違った解釈になります。まず優先されるべきは専門の心療内科で診断してもらい、薬物療法を処方されるのであれば改善のための方法を選択することです。そのときにそううつ病で薬を使っているからといって運転ができないのではなく、うつ病で判断力の低下がある場合には薬によって安全に自動車を運転できるようになります。また診断によっては最初から運転を中止させることもありますので、それに従って治療をすることが早い段階の完治に繋がることです。