持病を持っている人が自動車免許効力を停止される時

薬の効果で眠気をもよおす

カウンセリングを受ける男性

車は生活必需品でもある地域

世間では高齢者が運転することで頻繁に起こる事故に対し、自動車免許のあり方が問われています。認知症や体力的なことが問題となっているようですが、地域によってはマイカーがないと生活出来ないと言うことも考えられ、免許返納も簡単ではないと言う状況もみられています。このような状態を少しでも改善するためにと道路交通法の一部が改正されたのが、免許取得や更新時に一定の病気や服薬に対し公安委員会が質問表を交付した時に虚偽の報告や記載をした時には、一年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金を支払うことになりました。また診察した医師が一定の病気であると確認し、免許を持っていると知った時には患者の守秘義務とは別として、診察結果を任意で提供出来るようにもなりました。そのことで公安委員会の判断で、運転免許の効力を一時的に停止出来ることになっています。これらの病気として、てんかんや睡眠時無呼吸症候群や統合失調症とか認知症、そして躁うつ病などが上げられています。うつ病の場合では安全運転に必要な認知や予測・判断または操作において、能力を欠く恐れがある場合には運転が禁止にされます。ですから、うつ病の人全てが運転禁止ではないと知っておきましょう。

うつ病で病院へ通院している時などの自動車運転は、出来るだけ避けることが望ましいことですが、病院へ行くための手段がマイカーしかないと言う時には医師と相談をして薬をもらうことが良い方法になります。抗うつ剤には、服用後眠気をもたらすものや、体の力が抜けてしまう感覚をもたらすものがあります。これらは突然に表れることもあり運転中に起きた時には、大きな事故をおこしかねません。医師から処方される薬には、自動車の運転を禁止するよう記載されているものがありますので、これらを服用している時には運転は出来ないことになります。しかし同じ処方される薬の中でも、自分で行う時には十分注意させ、患者に対してが眠気やめまいと言った症状が起きた時には他の人に依頼することとされるものがあります。つまり抗うつ剤によっては、運転をしても良いものと悪いものがあり、医師からキチンと説明を受ける必要があると言うことになります。うつ病も早期発見早期治療を行うことで回復も早くなりますので、躊躇することなく医師と相談をすることが良い解決方法になるはずです。

運転する女性

注意点を確認する

うつ病になってしまうと症状の状態によっては、車の運転を禁止されてしまうこともあります。主治医の指示に従って治療を受けましょう。できることやできないことは人によって異なります。治療を受けることで徐々に緩和していきます。
医者

自動車の利用

そううつ病になってしまうとステージによっては自動車の運転ができなくなることもあり、仕事や家庭生活に影響がでてしまいます。しかし心療内科などで治療をすることによってうつ病でもステージが回避されれば、運転することができるようになります。
バインダー

仕組みとその準備方法

うつ病で運転をする場合、危険が伴うため病院に行った方が良いです。病院の仕組みとしては、すでに治療の流れが確立されているところが多いです。準備は、お金の準備とどのタイミングで病院に行くかを明確にしておくと良いでしょう。
運転手

自動車は利用できるのか

うつ病は気分の落ち込みや気力の低下などが特徴的ですが、病気の症状が出ているときに運転はできるのか、免許の更新ができるのかは気になるところです。問題なく運転するためには、まずは病気をしっかりとコントロールすることが大事です。
保険証

症状によって違いがある

そううつ病の人には薬物療法によって改善する可能性がありますので、日常生活のなかでも制限されることもあります。また自動車運転では絶対に運転ができないわけではなく、あくまでも診断の結果でどのようになるのかを見ることになります。